家でやる筋トレの効果を最大限に得るポイント3つ!!


三軒茶屋・池尻大橋エリアのパーソナルトレーニングジム、 axis mishuku(アクシス ミシュク)に所属するトレーナーの井上です。

今日は家で自己流トレーニングをやるときのポイントをお話しします。

家トレといえば、腕立て伏せ、腹筋、スクワットなど、道具を使わないものが一般的です。

この3つのトレーニングを繰り返し何百回も行って身体をバキバキにするんだ!

と張り切っている人たちがたくさんいます。

カッコいい胸板、割れた腹筋、締まった太腿は作れるかもしれませんが、

少し身体に負担がかかってしまうのも事実です。

偏った筋肉を鍛えすぎることは、身体のバランスを損う恐れもあり、

痛みや不調の原因になってしまうこともあります。

そこで以下の3つポイントを取り入れるだけで、質の高いトレーニングを行うことができます!!

ぜひ今日からでも実践して頂きたい、とても重要なポイントです。

簡単なことではありますが、実際にできている人が少なく感じた点を挙げてみました

1. 毎日やることは逆効果

トレーニングには「超回復」という理論があり、

48~72時間の休養期間を設けることで筋肉が疲労回復し、

最初にトレーニングを始める前よりも筋力が向上していきます。

毎日200回の腹筋はあまり意味がなく、むしろ1日おきや2日おきに行うほうが効果があります。

やりすぎは禁物。

オーバートレーニングとなってしまい、逆に筋肉を痛めてしまいます。

2. 効果を最大限に引き出すのは正しいフォーム

トレーニングの効果を最大限引き出すためには、

正しい姿勢とフォームで行うことが必要です。

見様見真似でやったところで、あっているかどうかは自分ではわかりにくいものです。

パーソナルトレーニングであれば、フォームを正しく修正しながらより追い込むことができ、

正しいフォームが得られるだけでなく、一人でトレーニングするよりも効果が期待できます。

忙しい方こどそパーソナルトレーニングを受けることが多いのは、これが理由でしょう。

効率を求めることが大切です。

3. 最大限大きく動かし、回数にこだわらない

トレーニング種目において、関節の可動域を最大限に動かしながら行うことが非常に重要です。

目的が動作の回数になってしまい、動きを小さくして鍛えても筋肉はつきにくく、関節も痛めます。

肩、股関節、膝などは可動域が広いので、端から端まで往復するだけでかなり刺激になります。

速く動かすよりもゆっくり丁寧にトレーニングを行いましょう。

回数は多くても20回以内にとどめ、セット数を増やすことで量を調整しましょう。 トレーニングで身体を鍛えるのはとても簡単なことなのですが、

ただ闇雲に行っているだけではもったいないですし、時間対効率を考えるべきです。

同じトレーニングでも頻度、フォーム、量を考えるだけで

見違えた身体をつくりあげることができます。

「賢いカラダづくり」を、axis mishukuで体験してみませんか?

→axis mishuku(アクシス ミシュク)【三宿・池尻大橋・三軒茶屋のパーソナルトレーニング専門ジム】

→ピラティスインストラクター・井上トレーナー紹介ページ

#井上かなえ

0回の閲覧