吐けない男性。吸えない女性。習得しなければならない呼吸法はコレだ!


三軒茶屋・池尻大橋エリアのパーソナルトレーニングジム、 axis mishuku(アクシス ミシュク)に所属するトレーナーの樋口です。

今回は前回に続き、具体的な呼吸法についてお話しします。

吐けない男性とは肋骨周囲の柔軟性が無いので最後まで吐ききれません。

吸えない女性とは横隔膜が動かせず、代償として肩、首周りの筋肉を使って呼吸をしています。

肩こりや頭痛の原因はコレです。

まずは仰向けで呼吸の確認。

腹式呼吸、胸式呼吸同じタイミングで息を吸って吐いているか手を置いて確認します。

鼻から吸って口から吐きます。

口すぼめ呼吸です。

最初はは5秒で吸って5秒で吐く。

できるようになったら15秒で吸って30秒で吐く。

これを風船を使って行います。

吸ったときはお腹を風船のように膨らませる。

吐いたときは肋骨を内側に締めるようにお腹を薄くして吐ききる。

30秒吐いた後は3秒止める。

呼吸方法がマスターできたら

股関節と膝を90度に曲げたり、

四つ這い位になったり、

横向きになったり、

体位を変えていろいろな環境で呼吸ができるようにします。

その際に右の肺左の肺と意識して吸ったり吐いたりしてください。

これができるようになればチューブを使ったりしてトレーニングの難易度を上げていきます。

横隔膜呼吸ができるようになると、体幹の捻りも大きくなるので、

キック力が上がったり、ドライバーの飛距離が伸びたりします。

是非お試し下さい。

身体が変われば、人生が変わる。

トレーニング仲間募集中です。お問い合わせは下記から。

→axis mishuku(アクシス ミシュク)【三宿・池尻大橋・三軒茶屋のパーソナルトレーニング専門ジム】 →元Jリーグトレーナー・樋口トレーナー紹介ページ

#樋口敦

0回の閲覧