水分補給のタイミングについて!!


世田谷区三宿にあるパーソナルトレーニングジム、

axis mishuku(アクシス ミシュク)に所属するトレーナーの緒方です。

明日から3連休でお出かけ!!の方も多いと思います。

最高気温が30度を超える猛暑が予想されますので、水分補給のタイミングをお伝えします!

年齢区分別の体内水分量

まずは基本的な人体内の水分量をご紹介。

・小 児=体重の約80%

・成 人=体重の約60%

・高齢者=体重の約50%

コレが基本的な人体内の水分量です。

脱水量に応じた危険性

次に「脱水量」とそれに対する「症状」について。

・2%=ノドの渇き、運動能力の低下

・3%=強いノドの渇き、口の乾燥

・4%=体温上昇、尿量減少・濃縮

・5%=めまい、頭痛 (↑この4-5%辺りが【脱水症状】です)

・6-7%=チアノーゼ、乏尿

・8-10%=けいれん

・11-14%=皮膚の乾燥、嚥下困難

・15-19%=目のかすみ、難聴

・20%=死の危険

ノドが乾いたと感じた時にはもう遅い!!

ヒトがノドが渇いたなぁと感じるのがこの2%の時です。

コレを見るとわかるようにノドが渇いたと感じたときには、

既にカラダが危険信号を出してる状態なんです。

環境や状況もありますが、大袈裟に書きます。

「トイレをこまめに行く面倒くささ」

「生死」

を天秤にかけた上で考えてみて下さい。

ノドが渇いても今まで通り気にしないのか?

それとも

こまめに摂ることを頭にインプットするのか?

あなたはどっち?

そして周りに伝えるならどっち?

→axis mishuku(アクシス ミシュク) 【三軒茶屋・池尻大橋・三宿エリアのパーソナルトレーニングジム】

→プロ格闘家・緒方トレーナー紹介ページ

#緒方史朗

0回の閲覧